Close

2019年4月8日

映画『夜に生きる』あらすじ、感想

あらすじ

別のギャングの大物に才能を見込まれたジョーは、再びのし上がっていく。
ジョーは市警察幹部の息、父に反発してギャングの手下になっていた。
ジョーは強盗に入った賭博場でエマという美女と出会い
禁酒法時代末期のボストン。
恋に落ちるが、彼女は対立組織のボスの情婦だったため、ジョーは罠に嵌められて刑務所へ収監

登場人物

ジョー・コフリン – ベン・アフレック

ロレッタ・フィギス – エル・ファニング

トーマス・コフリン – ブレンダン・グリーソン

ディオン・バルトロ – クリス・メッシーナ

エマ・グールド – シエナ・ミラー

グラシエラ・スアレス – ゾーイ・サルダナ

アーヴィング・フィギス – クリス・クーパー

マソ・ペスカトーレ – レモ・ジローネ

アルバート・ホワイト – ロバート・グレニスター

RD・プルイット – マシュー・マー

エステバン・スアレス – ミゲル・J・ピメンテル

ディガー・ペスカトーレ – マックス・カセラ

ヴァージル・ビューリガード – J・D・エヴァーモア

カルヴィン・ボンデュラント – クラーク・グレッグ

ゲイリー・L・スミス – アンソニー・マイケル・ホール

ブレンダン・ルーミス – クリス・サリヴァン

ドニー・ギシュラー – デレク・ミアーズ

投資家 – クリスチャン・クレメンソン

パウロ・ベルトロ – ベンジャミン・キアラメロ

作品情報

タイトル:夜に生きる

原題:LIVE BY NIGHT

製作年度:2016年

上映時間:129分

製作国:アメリカ

ジャンル:ドラマ、サスペンス

監督:ベン・アフレック

製作総指揮:クリス・ブリガム、デニス・ルヘイン、シェイ・カーター

原作:デニス・ルヘイン

脚本:ベン・アフレック

音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ